Leavers Lace[リバーレース]

リバーレースが女王と呼ばれる理由
So called “Queen of Lace”

私たちのご提案するリバーレースは、機械レースの中で最も手工芸に近いレースと言われています。2万本の極細糸が織り成すレースの立体感や優雅さは、王侯貴族に愛され、世界中のオートクチュール・メゾン、ウェディングドレス、高級ランジェリーから採用されるまさに“レースの女王”の呼び名に相応しいものです。私たちは世界一の生産量を誇る日本メーカー製のリバーレースを取り扱っており、日本の植物をモチーフにしたデザインや、日本人の体形に合わせて配置された柄は、ヨーロッパのリバーレースには無い唯一無二の仕上がりになっております。
Leavers Lace is known to be the most handicraft-like of all laces made on machines. Leavers Lace is often called “Queen of Lace” and its elegance and three-dimensional texture, realized by 20,000 ultra-fine threads, are loved by royalty and aristocrats, Maison de Couture, Wedding Dresses and Luxury Lingerie brands all over the world. We are offering the Leavers Lace made by the world’s largest Japanese manufacturer. Lace patterns are quite unique and cannot be found in European Leavers Lace – some are specially designed with motifs of Japanese plants which fit well to the Japanese body shape.

リバーレースの歴史 / History
私たちの製品にも使われるリバーレースは、古くは組み紐や網をルーツとし、装飾品としては16世紀のヨーロッパに生まれました。王侯貴族の富と権力の象徴であった手工芸の時代を経て、18世紀の産業革命を契機にジョン・リバーの発明により機械での製造が可能となりました。その後、この発明はドーバー海峡を渡りフランスの産業として花開きました。
Leavers Lace has its ancient roots in braids and nets. Lace was developed as an ornamental item back in the 16th century Europe.  After an era of handicrafts which was a symbol of wealth and power for royalty and aristocracy, the invention of John Leavers during Industrial Revolution of the 18th century made it possible to manufacture the lace by machine. This invention then crossed the Straits of Dover and blossomed into a French industry.

その希少性 / Rarity
リバーレース機そのものは新たに製造が出来ず、世界でも極めて限られたメーカーのみが設備を保有し生産する、大変希少価値の高い最高級の機械レースです。200年以上経った今も、当時と同じ設備をメンテナンスし使い続けることによって伝統が受け継がれています。
The Leavers Lace machine are no longer reproduceable, and existing ones are owned by very few companies. The tradition has been handed down for more than 200 years by maintaining and using the original machine that was used at the time. This is why Leavers Lace is considered to be so scarce.

繊細な表情 / Delicacy
極細糸を撚り合わせたリバーレースは、糸を沢山使用する上、高度に熟練した職人の手を必要とし機械レースの中で最も手工芸に近いレースと言われます。レースの立体感や優雅さは使われている糸の本数の多さによりますが、リバーレースは使用できる糸本数が2万本と多く、複雑な組織が圧倒的に豊かで繊細な表情を生み出します。その仕上がりは世界中のオートクチュール・メゾン、王侯貴族に愛される、まさに“レースの女王”の呼び名に相応しいものです。
Leavers Lace is made by twisting ultrafine threads together, so it requires a large number of threads and the hands of highly skilled craftsmen. Leavers Lace is thus known to be the most handicraft-like of all machine-made laces. The three-dimensionality and elegance of lace highly depend on the number of threads used, and Leavers Lace can use as many as 20,000 threads, creating a complex structure that produces breathtaking rich and delicate texture. Our Leavers Lace is loved by royalty and aristocrats, Maison de Couture, Wedding Dresses and Luxury Lingerie brands all over the world, and is truly worthy of the title of “Queen of Lace”.

唯一無二のテイスト / Uniqueness
リバーレースといえば通常フランス産と思われますが、私たちは世界一の生産量を誇る日本メーカー製のリバーレースを取り扱っております。ここでは世界で唯一、デザイン・企画から製品化までを一貫対応しており、レースデザイナーが日々革新的なリバーレースを世に送り出しています。日本の植物をモチーフにしたデザインや、日本人の体形に合わせて配置された柄は、ヨーロッパのリバーレースには無い唯一無二の特徴を持っております。
Often Leavers Lace is considered to be Made in France, but we are offering the Leavers Lace made by the world’s largest manufacturer in Japan, the only company in the world that handles the entire process from design to production. Lace designers are constantly working to create innovative Leavers Lace products for the world.

取扱い商品(一例) / Samples

サンファッションは、世界で唯一デザイン・企画から製品化までを一貫して製造しておられる「栄レース株式会社」のリバーレースを取り扱える数少ない商社です。2万本もの糸が織り成す、精緻さと気品。身にまとう芸術品とも呼ばれるリバーレースを是非ご堪能ください。レースに関するご質問やお引合いは、上部メニュー「お問合せ」または各営業担当まで直接ご連絡ください。

ページ上部へ戻る